ルーシーダットンについて

『ルーシーダットン』仙人体操♪

タイで古くから伝わる健康法の一つで、別名『仙人体操』とも言われています。
タイの修行僧たちが体の歪みや凝りをほぐす為にあみ出された体操で、特徴的な呼吸法により体幹を強化し、SEN=センへの効果的な刺激による自分で自分の体をマッサージするストレッチ体操が『ルーシーダットン』タイ式ヨガです 。

  『ルーシー・ダットン』は、自己健康管理の基本であり、心と体のバランス整え、体の歪みを正し、自律神経を整え、リンパの流れを良くし、血液循環の正常化、冷え性、肩こり、腰痛、不眠症、痩身、ストレス解消など多種多様な症状に効果があります。
筋力アップや柔軟性向上にも繋がり、足痩せや、お腹周りのダイエットにも、非常に効果的であると言えるでしょう。

   タイの健康法には、ルーシーダットンの他に二人で行うヨガとも呼ばれている「タイ古式マッサージ」や「ハーブ治療」があります。タイ古式マッサージには「SEN=セン」(エネルギーライン)があり、主に「脚」に集中しています。
「SEN=セン」は72,000本から成り立ち、この中でもとても重要な10本の「SEN=セン」を刺激することで体の不具合を改善出来るとされており、中国では経絡とも言われています。

 ルーシー・ダットンでは、体全体の血液やリンパの流れに最も影響する「脚」を重点的に鍛え、刺激するポーズが多いのも特徴です。
全ての体調不良はこの「SEN=セン」の不具合から生じていると考えられています。

   ルーシーダットンには120以上ものポーズがありますが、インド式ヨガやアメリカ式ヨガ(パワーヨガやピラティスなど)の様な体の柔軟性・筋力・体力が要求されるポーズは、ほとんど無いと言えます。ルーシーダットンは老若男女問わず気楽に参加し、お身体に合わせて長く楽しみながら健康を維持できる非常に優秀な健康法である事を意味しています。

   またその特徴の一つとして、インド式ヨガや西洋式ストレッチの基本とは異なる呼吸法が挙げられます。
ルーシーダットンの特徴的な呼吸法はリラクゼーションをもたらすだけでなく、体の軸となる体幹を強化し、体の温度を内側から上げ、血液循環や内臓の働きを活発にします。 ルーシーダットンの特徴である呼吸法は本来のインド式ヨガの呼吸法と同様で、『口を閉じて行う呼吸法』です。